釣り具

【ダイワ18レガリス】LT4000D-CXHは剛性が高くコスパ最強【インプレ】

どうもCOMです。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール18レガリス LT (2018モデル)LT4000D-CXHを購入しましたので、レビューしていきます。

  • 18レガリス LTの購入を検討している
  • コスパの良い汎用リールを探している
  • ライトショアジギングで青物狙いのリールを探している

そんな方は参考にしてみてください。

僕は最近ライトショアジギングにハマっていまして、なるべく安くて性能の良いリールを探していました。

ショアジギングはもちろんのこと、サビキ釣りや投げ釣り、エギングやシーバスにも使えて値段もなるべく抑えたいと思って色々と探していました。

そこで、見つけたのがダイワのスピニングリール18レガリスLT4000D-CXHです。

何度か使ってみた感想としては、値段が安いながら「剛性、巻き心地、軽量性」がとても良いと感じています。

他にシマノの19ストラディックも使っていますが、素人目には違いがあまりわかりません笑
耐久性になると変わってくると思いますが、堤防やサーフからの釣りであれば波をかぶることもないので必要十分に感じています。

それでは、詳しく解説していきます。

18レガリスLTの箱

18レガリスLT4000D-CXHのスペック

18レガリスLT4000D-CXH

18レガリスLT4000D-CXHとは、2018年に発売されたダイワの汎用スピニングリールです。

実売価格が9,000円を切りながら、

  • LT(LIGHT TOUGH)
  • エアローター搭載
  • ATD搭載
  • タフデジギア搭載

さまざまな機能が搭載され、非常にコスパが良いモデルです。

18レガリスLT4000D-CXH
巻取り長さ
(ハンドル1回転)
99cm
ギア比 6.2
自重 250g
最大ドラグ力 12kg
ベアリング
(ボール/ローラー)
5/1
ハンドル長 60mm
ノブタイプ Tラージ
標準巻糸量
ナイロン
10lb-330m、14lb-230m、20lb-150m
標準巻糸量
PE
1.5号-430m、2.0号-300m、2.5号-260m

 

LT(LIGHT TOUGH)で非常に軽量で剛性がある

18レガリスLT4000D-CXH

18レガリスLT4000D-CXHは、LT(LIGHT TOUGH)モデルです。

LT(LIGHT TOUGH)とは、スプール、ボディ、ハンドルの細部までの徹底した軽量化と剛性を追求したダイワ独自のテクノロジーです。

安価ながら軽量で剛性もあり、初心者の方にはありがたいモデルです。

18レガリスLTは豊富な機能でコスパが高い

18レガリスLT4000D-CXH

18レガリスLTにはダイワ独自のさまざまなテクノロジーが搭載されています。

  • ATD搭載
  • エアローター搭載
  • タフデジギア

ATD[オートマチックドラグシステム]

魚の引きに対して、滑らかに追従して効続ける新世代のドラグシステムです。
滑り出しがとてもスムーズなためラインブレイクしにくく、魚に違和感を与えにくいため、魚とのファイトでも安心できます。

AIR ROTOR[エアローター]

ダイワ独特の形状を持つエアローター。強度が高く大幅な軽量化を実現しています。
軽量化だけでなく回転レスポンスも向上することができ、リールの『巻き感度』も向上しています。

タフデジギア

頑丈でありながら、滑らかな回転が長く続きます。

その他にも、以下の機能が搭載されています。

パーフェクトラインストッパー
PEなどの細糸にも、リーダーのような太糸にも対応し、糸が外れにくいラインストッパー

 

LC-ABSスプール
トラブルレスで高い飛距離を実現したスプール

 

実売9,000円以下と安価ながら、快適な釣りに必要なダイワの技術が詰め込まれていますね。

18レガリスLTはさまざな釣りに対応できる番手が揃っている

18レガリスLT4000D-CXH
18レガリスLTは1000番から5000番まで、番手のラインナップが豊富なので下記のさまざまな釣りに対応できます。

  • トラウト
  • アジング
  • シーバス
  • エギング
  • ショアジギング
  • 青物
  • 投げ釣り

番手ラインナップ

  • LT1000S
  • LT2000S
  • LT2000S-XH
  • LT2500D
  • LT2500S-XH
  • LT3000-CXH
  • LT3000D-C
  • LT3000S-C-DH
  • LT4000D-C
  • LT4000D-CXH
  • LT5000D-CXH

値段が安いので、魚種に合わせてサイズ違いでいくつか持っていてもいいですね。

18レガリスLTと15レブロスの剛性の違いは

18レガリスLT4000D-CXH
非常にコスパの高い18レガリスLTですが、同じく安価なダイワの15レブロスとの剛性で差はないのでしょうか。
僕は18レガリスLTは15レブロスよりも剛性、耐久性が優れていると感じています。

理由としましては、よく一緒に釣りに行く友人がダイワの15レブロスというリールを使っているのですが、海で何回か使用しているうちに巻き心地が悪くなってきたと言っていました。

ほぼ毎回一緒に釣りに行っているので状況は同じなのですが、僕が使っている18レガリスLTは何も問題がありません。

レガリスかレブロスでどっちを買おうか迷っているのであれば、レガリスをおすすめします。

他に使っている19ストラディックも問題なく使えてます。

18レガリスLT4000D-CXHのラインシステム

18レガリスLT4000D-CXH僕は18レガリスLT4000D-CXHでいろんな釣りしようと思っているので、以下のようなラインシステムにしています。参考までに。

  • 道糸:クレハ(KUREHA) シーガー PE X8 200m 1.5号
  • リーダー:クレハ(KUREHA)シーガー プレミアムマックス ショックリーダー30m 6号

このラインシステムにしておけば、ショアジギング、シーバス、カゴ釣り、投げ釣り、サビキ釣り、エギングとさまざまな釣りに対応できちゃいます。

18レガリスLT4000D-CXHの評価

Twitterのクチコミでもなかなか評判は良いですね。

18レガリスLTはamazonランキング1位の売れ筋

amazon
2021年3月13日現在、amazonでのリールランキングで1位の人気商品となっていました。
ちなみに僕が購入した2020年7月の時点では7,980円だったのですが、2021年3月13日現在は8,928円と値上がりしてます。それだけ人気があるんですね。

amazon

まとめ

18レガリスLT4000D-CXHをレビューしていきました。

18レガリスLT4000D-CXHは安価ながら

  • LT(LIGHT TOUGH)]搭載
  • エアローター搭載
  • ATD搭載
  • タフデジギア搭載

と、ダイワの技術がふんだんに使われた非常にコスパの良いモデルとなっております。

値段が安く汎用性の高いリールをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。